Winker web shot

台地に沈む夕日


ずっと放置してました。
写真について迷うことが多すぎて…

写真作品を作る理由。
と言うか、はっきり言って美しい作品に食傷気味でした。
ツイッターやSNS、写真投稿サイトを見ても美しい作品が次々と並んでます。
僕の投稿作品も同じです。

美しい作品を見るのは気分が良いものです。撮るのも編集するのも楽しいし。
ただ、その作品になにか力があったのか?「すごいね」、「綺麗だね」
以上の何かがあったのか?見る人に問いかけるものがあったのか?社会に問いかけるものがあったのか?
今まで通りの写真では衰退した下世話なバラエティ番組と変わらないなと。

そんな事を考え出したもんだから、撮る事より撮る意味を考える時間が増えてしまいました。
人文書なんかを読むことも増えました。ネガティブな題材で写真を撮ることもしました。

まぁ、答えなんて簡単に出ないもんでしょうが、前とは少し撮る意味が変わってきましたので、そういう所を見ている方に感じていただけるように頑張ろうかなと思ったのです。

と言うことで、最近の題材は「寂しい」と「怖い」です。
あまり複雑な題材だと難しいので感覚的に分かりやすい題材にしました。

今回上げた写真も「ただの綺麗な写真」やんけと言われればそうなのかもしれません。
しかし、撮っている時、仕上げている時の姿勢が違っているのでいずれ変化が出てくるのではないかと思っています。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2018 Winker web shot

テーマの著者 Anders Norén