相島紀行

突然もーれつに島に行きたくなりました(;´∀`)

本当は五島列島に行きたいんですが、日帰りでそうも行かないのですぐ近くの相島へ。
何やら最近は猫が多い島でちょっと人気らしいです。

って事で船の時間をチェックして昼前に出発。

20160513111443

町営渡船「しんぐう」、すでに港に入ってました。
チケットを買って乗船。

2016051311151920160513111717

中は意外と広くて綺麗!( ゚∀゚ )
私は猛烈に乗り物酔いをするので緊張しましたが、この日は運良くベタ凪!ものの15分位で相島へ着きました。

20160513115053 20160513114654

天気は申し分なし。港にはさっそく猫についての看板。
餌はあげない方がいいようです。
海も綺麗でテンションが上がりますね(*^_^*)

20160513115639 2016051311550320160513120006

猫目当てのお客さんはさっそく猫ちゃんを見つけてなでなで。

20160513115842

意外と猫目当ての人も多そうなので、取り敢えず島を一周してみることに。ゆっくり歩いても2時間くらいで回れそう。
港町の路地を堪能しながら散策開始。

20160513120235 20160513120331 20160513120451 20160513120150

路地はいいですね~(●´ω`●)港町の路地は特に(・∀・)イイ!!
鳥の声を聞きながらゆっくり歩いているとやっぱりアチコチに猫がいるんですね~。

2016051312065920160513121247 20160513120534 20160513120620

町の端の方まで行くと小学校が。ちょうどグラウンド?で授業中のようです。

20160513122035

生徒数も少ないですね。教室からも授業の声が聞こえてました。邪魔しないように山の方へ続く道へ歩いていきます。

20160513122354

意外といい雰囲気の山道です。登り始めてすぐに良い景色が見られました。

20160513122508

ここから静かな山道をひたすら歩きます。
ところどころ史跡への看板もありますが、どこにあるのかよく分かりません(;´∀`)ひたすら気持ちいい道をあるきます。

20160513122825

途中脇道にそれて海沿いを進んでみると看板が。

20160513123723 20160513123802 20160513123835_01 20160513123851_01

どうやらその昔、朝鮮との交流があったのでしょう。島の色んな所で朝鮮関係の史跡があります。
そして謎の「夏だけ温泉」。看板は山の方へ向いてますが道はありません(・・?
海岸線は芥屋の大門にそっくり!そして無数の石!この無数の石を使っての古墳がこの一体にありました。
相島積石塚古墳(あいのしまつみいしづかこふん)と言うそうです。

20160513124545 20160513124345

多少の道の整備はしてありますが、さすがに歩きにくいw
しかも一面石なのでどこからが塚でどこが道なのかも区別が付き難いです。
足と塚を傷めないように慎重に歩いてようやく休憩所です。

2016051312472220160513124923

そこからまた山の方へ歩いていきます。
ところどころ廃屋があったりしますが、基本道です。「あの角を曲がると何かあるかも…」と頑張っても道ばかりです(T_T)

20160513130223 20160513130727 20160513130840 20160513131036

代り映えしないので撮影的には面白く無いですが、ハイキングなら最高に気持ちがいいです(*^_^*)
歩き続けると看板が。

20160513131311 20160513131419_01 20160513131423_02 2016051313150020160513131555_01

潮井の石、穴観音の看板。穴観音はどうやら洞窟の中にあるそうでちょっと気になる。さっそく入ってみると立ち入り禁止(`;ω;´)西方沖地震やら先月の熊本地震やらあってるんで長いこと立ち入り禁止になってるようです。シカタナイネ。

潮井石の石碑は「太閤」の字が削られてます。太閤さんが嫌いな人の仕業でしょうか。お里が知れます。
潮井石は石碑のすぐ脇にありました。豊臣秀吉が朝鮮出兵の前に航海の安全を祈願して海岸から運んだ石を積み上げたようです。
正直、ただの石の山なんで説明がないと気が付きませんでした(;´∀`)

ここから、またひたすらに歩いて町の方まで降りていくのでした。正直疲れた。

町まで降りると子供たちを乗せたトラクター?や猫たちがお出迎え。

20160513135344 20160513134720 20160513135227 20160513135320

猫たちは本当に人から逃げませんね~。レンズをグイグイ寄せて撮らせてもらえます。
一周回って腹が減ったんで町に戻りながら撮って回ります。

20160513140208 20160513135644

「おくりものにたばこ」ww時代を感じます。
島の女性はみんな力持ち?お年寄りも元気です。絶対僕より力持ちですね(・_・;)

お昼ごはんは港にある丸山食堂。
当然、海の幸が豊富!この日は海鮮ちゃんぽんを注文しました。

20160513143648

文句なしの旨さ!一口ごとに海味が広がって疲れも吹き飛びました!麺は細めんでした。島では普通なのかな?

腹ごしらえも済ませたので船の時間まで港で猫ちゃんと遊びます。
逃げる子、寄ってくる子、完全に無視の子、様々です。
飼猫、野良猫の区別なく自由に歩きまわっています。

20160513150351 20160513153110 20160513151929 20160513142254 20160513142515 20160513141634 20160513141303 20160513153311 20160513141218

小一時間ばかり撮影してたら船の時間が。船の本数はそう多くないので逃したら大変です(-_-;)早めに切り上げて帰りのチケットを買いさっさと乗船します。

20160513160512 20160513161214_01 20160513161922

メガネ岩を眺めながら短い船旅を堪能。西日を浴びて虹が生まれます。

あっという間に新宮の港に着きました。
突発的に島旅をしたくなって出かけましたが、自宅から30分で行けるとは思いませんでした。相島。穴場です。
新宮港にも…

20160513162040

猫ちゃんのお見送りw

正直、猫の数だけなら新宮港も負けてません(・_・;)
愛想が良くないけどね。

と、言うことで相島日記でした(^o^)v

二人旅

二人旅
二人旅

彼岸へ向かう二人旅。

彼岸花を撮りにぶらぶらとしてきましたが、蝶がいい演出をしてくれました。

ストロボが1灯しかなかったので光らすのが難しかったです(;´∀`)
黒バックに黒の蝶、角度をミスると真っ黒になって全然写りません。
三脚にカメラをセットしたら蝶が来るのを離れて待って、即座にストロボの角度を決めて撮る!
むずかしかったです(・_・;)

ホタル

ホタル
ホタル

写友に教えてもらったヒメのスポット。行ってみると朝日新聞に載ったみたいですごい人だかりでした(;´∀`)

場所も自由に取れずにイメージしてた感じでは撮れなかったのでタイトルも浮かびません。
ただ、ホタルはすごく綺麗でした。終わりかけだったようですが数もまずまず。蚊と闘いながら楽しんできました。

虹を越えて

虹を越えて
虹を越えて

あけましておめでとうございます!

ってもう一週間も経ってますが(;´Д`)
今年もマイペースでもたもたやっていきたいと思います。

年越しでお仕事だったため、遅れた撮り始めでしたが、薄雲の中に幻日発見!
鳥が通るのをじっくり待って撮りました。
幸先がいいですね( ´∀`)bグッ!

宵の宴

宵の宴
宵の宴

今日は近場の開発で久原ダムと言う所に行ってみたんですが、車で行く所ではありませんでした(´;ω;`)

震えながら辿り着きましたが、撮影は今イチ。
色々回って探し当てた撮影ポイントにはヒメボタルもいました!
ようやく出会えました。今年はもうチャンスがないので、来年に期待です。

しかし、ホタルの撮影は星以上に真っ暗ですね。
計画的な撮影で1枚を狙うのが大事です。

撮影日時:2013:06:16 19:45:04
カメラ:NIKON D7000
Lens:11.0-16.0 mm f/2.8
ISO:100
シャッタースピード:
F値:7.1

トレジャーハンター

トレジャーハンター
トレジャーハンター

待ち合わせの場所に30分前に到着。
私は時間30分前行動がデフォなんですが、待ち合わせ時間になっても待ち人来ず。

ふとLINEを見ると「二度寝した。」と。

雨が強くなったり弱くなったりしてましたが、せっかくの空き時間、なにか無いかと散歩してみたら大きな蜘蛛の巣を発見。
山の中は蜘蛛の巣も立派ですね~。丸い水滴がたくさん付いて宝石のようだった。

撮影日時:2013:06:02 10:01:37
カメラ:NIKON D7000
Lens:60.0 mm f/2.0
ISO:400
シャッタースピード:1/60
F値:10.0

時の流れ

時の流れ
時の流れ

撮影が出来ずにイライラしてますが、時間を見つけつつなんとか撮ってます。

春の花も一段落して、いつの間にかホタルの時期になっていました。
去年の今頃は沢山のホタルが乱舞していましたが、今年は少なめ。
人が多くなったせいか、ただ遅れているだけか。来月辺りまでは様子見ですね。

ホタルは光に弱いので車のライトやハザードは消して下さいね。明るくすると光らないし、場所を移してしまいます。
移動先にカワニナがないと数が少なくなる一方です。鑑賞はマナーを守って行いましょう。

撮影日時:2013:05:25 21:38:25
カメラ:NIKON D7000
Lens:70.0-300.0 mm f/4.0-5.6
ISO:800
シャッタースピード:30/1
F値:4.8

春の使者

春の使者
春の使者

春の使者です。
ようやく梅も咲き始め、鳥の声が聞こえ始めました。今年の梅は何処で撮ろう。今日は雪が降ったんだけどイマイチ積もらなかったんで写真に撮るには条件が悪かった。
それにストロボが届いたのでまったり昨日のチェックをしていました。

ストロボも難しいもんだね。
でもだいたい解った。後は撮影で使ってみてのお楽しみって所か。
沢山疑問点が出てくれればその分上達が早くていいんだけど。

撮影日時:2013:02:05 10:55:28
カメラ:NIKON D7000
Lens:70.0-300.0 mm f/4.0-5.6
ISO:1600
シャッタースピード:1/500
F値:10.0

朝礼

朝礼
朝礼

いつもの志賀島の光景です。
志賀島の朝は鳶や海鵜、サギ等の鳥を見ることが出来ますが、夏は海岸にゴミを捨てていく若者が大量に現れるので、カラスの天国です。

カラスが居るのは別に悪くありませんが、ゴミは持って帰りましょうね。綺麗な浜を汚さないで下さい。
で、カラスですが、日本中で見ることが出来るので特に被写体になることも少ないですが、コイツら結構カッコイイフォルムしています。
鋭いくちばしに真っ黒な体、迫力のある鳴き声を出すときもあります。
たまに被写体にすると驚かされることがありますよ!

撮影日時:2012:08:24 06:23:05
カメラ:NIKON D7000
Lens:70.0-300.0 mm f/4.0-5.6
ISO:400
シャッタースピード:1/800
F値:9.0

晩夏の朝

晩夏の朝
晩夏の朝

早起きしたのでちょっと朝日でもといつもの志賀島に。
二見岩にはいつも2羽の鳥がとまっています。
何故か2羽。

二見岩には浦島太郎伝説があるので、主人公たちの生まれ変わりかもしれませんね(^O^)

しかし、今日はよく焼けました。
雲の具合から良さそうだぞ!と思いました、予想通り!
でも鳥は少なめで面白い絵は撮れませんでした。赤い空に飛ぶ鳥の絵が欲しかったなぁ。

撮影日時:2012:08:24 05:24:19
カメラ:NIKON D7000
Lens:70.0-300.0 mm f/4.0-5.6
ISO:200
シャッタースピード:1.6/1
F値:10.0

夏の王様

夏の王様
夏の王様

男の子の夏の王様といえばやっぱりこいつでしょう!カブトムシです!

玉ボケでふんわりしましたが、黒バックでカッコよくした方が良かったかな?
大人になった今でもカブトムシのフォルムはカッコイイですね~。
カブトムシ展で撮りました。なかなか野生じゃむりでしょうね(^O^)

撮影日時:2012:08:10 11:19:17
カメラ:NIKON D7000
Lens:60.0 mm f/2.0
ISO:1600
シャッタースピード:1/320
F値:3.5